港区教育委員会からのお知らせ

港区教育委員会からのお知らせ

以下のPDFをご確認ください。

学校給食用食材納入業者による期限切れ鶏肉の出荷について(PDF).pdf



 

緊急情報

◆8月4日(土)~19日(日)は学校閉鎖期間となります。
 今週は水曜日から熱中症指数が「危険」となり、夏季水泳教室も夏季チャレンジも、
 子供たちの安全を考えて中止とさせていただきました。
  今年度の夏季チャレンジにつきましては、学校支援地域本部より学習ボランティア(丸 
付け隊)を募集いたしました。その呼びかけに応えていただきました保護者の皆様には、
 ご協力に感謝申し上げます。今回は、残念ながらお手伝いをしていただく機会はござい
 ませんでしたが、今後もご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

  明日から19日(日)は学校閉鎖期間となります。
  この期間は、原則教職員は出勤しておりません。留守番電話となり、解除は20日(月)
 の午前7時30分以降となります。
  子供の生命などに関する重大事態が発生し、真に緊急を要するときは、以下への連絡
 をお願いいたします。
   連絡先  港区役所(代表)  03-3578-2111

  安全と健康にお気を付けて、お過ごしください。
 
 
 
◆7月30日(月)~8月3日(金)の水泳指導について
 予定通り実施いたします。
  環境省熱中症予防サイト等によると、来週の港区の熱中症指数は今週よりも
 かなり下がるとの予報が出ています。そこで、予定通り、実施といたします。
  しかし、当日の状況によっては、急遽中止する可能性もあります。
  中止と判断したときには、1回目は8時、2回目は9時に緊急配信メールでお知
 らせいたします。ご確認ください。
  なお、登校の際には、
  〇水筒を必ず持たせてください。
  〇校帽を必ずかぶせてください。
  ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

  ※夏季チャレンジは予定通り行います。
  ※本州への台風上陸の予報が出ています。土曜日、日曜日と、ご家庭で十分に
    お気を付けになってお過ごしください。
 

◆夏季休業中の水泳指導について

   本日7月23日(月)から27日(金)の水泳指導については、次の理由により中止
  と いたします。

  
   〇環境省熱中症予防サイト等によると、今週の港区の熱中症指数の予報は、
    「危険」または「厳重警戒」となっていること
   〇水泳指導時間帯の本日の水温は34度、気温(屋上プールサイド)は40度、プ
    ールサイド上は45度であり、予報から今後も同じような状況が続くと予想され
    ること
   〇プールサイドに十分な日陰がないこと
   〇子供の登下校の時間帯が、学期中の登下校の時間帯よりも暑い時間帯であ
     ること

  
 〈水温〉               〈プールサイド気温〉       〈プールサイド上温度〉

   これまでに経験のない暑さへの対応のため、ご理解とご協力のほどよろしくお願い
 いたします。

 

お知らせ

◆体罰根絶に向けて、教員の研修を行いました。

   

◆本校の学校公開についてのお知らせ

  左上にあります「年間行事予定」をご覧ください。
  本校では、土曜授業日はすべて学校公開となっています。
  また、10月29日(月)~31日(水)の3日間が平日の学校公開日となります。
  10月29日(月)には、本校への入学を考えていらっしゃる方のための学校説
  明会を行います。

◆「御成門スタンダード」は、ホームページからでもご覧になれます。
  必要な際、ご活用ください。
   
            ★  御成門スタンダード.docx

      
 


 

新着情報

御成門小の給食

 
表示すべき新着情報はありません。

今日の御成門小

blog >> 記事詳細

2017/12/07

1年研究授業 ー道徳ー

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者201
昨日、港区教育研究会道徳部の研究授業を1年2組で行いました。

「物の価値を考え、持ち物を大切に使おうとする態度を養う」ことをねらいと
した授業を行いました。
「ランドセルは12さい」という、沖縄県の小学校の実話を教材に使いました。

姉に譲られたランドセルを使う主人公が、友達のランドセルが新しく光っているのを見て、
うらやましく思うのですが、姉からランドセルを譲られたときのことを思い出し、ランドセル
を靴のつや出しクリームで磨きました。主人公は、光ってきれいになったランドセルを見て、
姉のランドセルを使い続けることに決めました。6年間使い続け、卒業を迎えた「6年生を
送る会」で表彰された話です。


授業の初めに、6年生のランドセルの実物を提示し、6年間使っている物をイメージしやす
くして教材への興味・関心を引き出しました。


「新しい物」と「古い物」との間で揺れ動く主人公の気持ちを自分との関連で考えました。


ランドセルを磨いてみた主人公の気持ちを考えることで、ランドセルには、お姉さんが長く
大切にしてきたという思いがあることに気が付きました。


物を長く大切に使うことのよさについて考えるために、12年間使ってもらったランドセルの
気持ちを考えました。

授業の最後には、これまでの自分の生活を振り返り、これからも大切にしたい物へ手紙を
書きました。そして、物を大切に使おうとする気持ちを高めました。


物の豊かな現代社会において、子供たちは必要な物があればすぐに手に入る環境にお
かれています。
物の本当の価値を考え、大切に使う態度を身に付けることは大切なことです。
16:54