私たちの御成門小学校

私たちの御成門小学校は、平成3年に鞆絵小学校(明治3年開校)、桜田小学校(明治10年開校)、桜小学校(昭和39年開校 南桜小・西桜小)の3校の統廃合により誕生した港区の新設校です。

平成6年4月には、西新橋2丁目の仮校舎から現校舎に移転するとともに、桜川小学校(明治6年開校)を統合し、平成7年4月には、神明小学校(大正2年開校)を統合しました。

今までの大変長い歴史と伝統を受け継ぎ、その誇りを胸に「明るくすなおな子どもたちが集う学舎」としての校風、気風を継続していく努力を続けています。

御成門小学校は、国際都市港区の中心に位置し、区を代表する学校として成長・発展していくことを期待され、区の木であるハナミズキ(Cornus fl orida)の花が校章として制定されました。

御成門小学校の近くには、日比谷通り、愛宕通りが走り、周囲には高層のオフィスビルも多くあります。社会の活気が伝わってくる環境の中で、増上寺、東京タワーなどのある芝公園が隣接し、恵まれたその緑が多くの人のやさしい憩いの場となっています。

 

学校経営計画

平成29年度 港区立御成門小学校 学校経営計画
PDFファイルのダウンロードはこちらから


経営計画29年度.pdf



 
 

教育目標

○ よく考え進んで学ぶ子
○ 力を合わせてやりとげる子
○ 心も体もたくましい子

 
 

沿革

本校は御成門地区の5つの小学校が統合されて平成3年4月1日に開校されました。
統合された学校は次の通りです。
 

施設

御成門小学校では、教室、ランチールーム、パソコン、体育館、プール、図画工作室、家庭科室、理科室、音楽室など,それぞれ工夫された教室、施設を生かして日頃の教育活動が展開されています。

                                                 詳細はこちら
 

校歌


作詞:峯岸 守雄   作曲:下里なるみ 

1. 

希望の光が
あふれてる
この庭この窓
心がはずむ
いつも元気で
胸をはり
あしたの世界を
めざして進む
御成門小学校 

2.

清くゆかしい
はなみずき
あかるく素直な
校風気風
いつもなかよく
よく学び
あしたの平和を
めざして進む
御成門小学校 

 
midiファイル←ここをクリックすると校歌が流れます。
 

特色ある活動

表示内容を印刷します
記入者:管理者

学校の周辺

◇東京タワー
地上333mの東京タワーが本校のすぐ近くにそびえ立っています。
東京タワー
港区役所
◇増上寺
また、増上寺も芝公園内に隣接しており古くは江戸時代から徳川家の菩提寺として現在に至っています。
◇港区役所
増上寺の真向かいには港区役所があります。
◇愛宕神社
本校から徒歩約8分のところにあります。春先を迎えると桜の名所として賑わいます。また、すぐ近くにNHK 放送博物館があります。
愛宕神社