港区教育委員会学校教育部では、Twitterで港区の教育に関する情報発信を行っています。
↓↓↓

【港区教育委員会からのお知らせ】

MINATO×TEACHERS CHANNELSが開設しました!

緊急情報

お知らせ

◆令和4年度の主な行事予定をメニュー「年間行事予定」にアップしました。ご覧ください。
◆学校公開週間のお知らせ(在校生保護者向け)
◆学校公開週間のお知らせ(新一年生保護者向け)
体罰根絶に向けて、教員の研修を行いました。
 
  ◆「御成門スタンダード」は、ホームページからでもご覧になれます。
    必要な際、ご活用ください。
           
    ★  御成門スタンダード.docx 

御成門小の給食

新着情報

{{ moment(whatsnews.posted_at).format('YYYY/MM/DD')}}
{{ whatsnews.category }}
{{ whatsnews.posted_name }}
{{ whatsnews.post_detail_strip_tags }}

今日の御成門小

アニマルズ ー5年生 図工ー

2022年3月3日 18時13分

新聞紙とガムテープで動物をつくっています。

まず、新聞紙をねじり、輪ゴムでとめて、カタカナの「キ」の字のような形をつくりました。

そして、手や足、しっぽになる部分を動かしてみながら、自分のつくりたい動物の動きや様子をイメージしました。

体の太い部分や筋肉でがっしりとしている部分には、新聞紙で肉付けをしました。

手足を曲げたり、頭を傾けたりして表情もつけていきました。

5年 4の前 5年2

5年1 5年3

だんだんその動物らしさが伝わってくる作品になってきました。

まだつくっている途中ではありますが・・・

さあ、アニマルズの集合です。

5年生4

最後には、色も塗っていく予定です。

そして、この作品は、卒業式や入学式を華やかにする飾りになる予定です。

5年生「私たちの未来マップ」展 ー新虎小屋にてー

2022年3月2日 18時06分

5年生は、総合的な学習として、自分たちの住む地域の街づくりについて調べる活動をしてきました。

街づくりに携わる地域の企業の方から街のつくり方を学びました。

また、フィールドワークを通して、地域のよさにも気付きました。

そして、地域の未来のために自分たちにできることを考えて、そのことを「未来マップ」に表わしました。

そのマップを、新虎通りにある「新虎小屋」に展示していただいています。

入口 入口表示 全体1

「ダイバーシティ」「コミュニティ」「アート」

3つのテーマで、理想の未来の街と、そのために自分たちができることを表しています。

作品1 作品2 作品3

作品4 作品5 作品6

作品7 作品8 作品9

作品10 さくひん11 作品12 こちら

子供たちの「未来マップ」を見ていただいた地域の方や保護者の方が付箋にコメントを書いてくださっています。

・いろいろな世代や性別の方が一緒に楽しめるまちが上手に表現されていますね。

・ごみをアートに活かすというアイデアがすごい!

・地上だけでなく、屋上や石垣に緑を増やすアイデアがすてきと思います。

・素晴らしい発想です。スタンプラリーなら観光客の人が楽しみながら名所を回れる。スタンプラリーカードを首に下げている人を見かけたら、地域の人も声をかけやすい。コミュニティが活気づきます!

・自分たちにできることまで考えてあり、街の未来に貢献できそうですね。 ・・・などなど

子供たちを励ましていただき、ありがとうございます。

4日(金)まで展示していただいています。

あいさつ運動が始まりました!

2022年3月1日 18時37分

昨日から、あいさつ運動が始まりました。

今回のあいさつ運動は、縦割り班で行っています。

あいさつ運動を通して、縦割り班のメンバー同士の触れ合いの機会にするとともに、全校に気持ちの良いあいさつを広めることがめあてです。

そして、今回から、6年生に代わって5年生が縦割り班のリーダーとなって取り組んでいます。

いよいよ5年生も、最高学年に向けて6年生からバトンを受け取る時がきました。

始めの説明 場所の確認

5年生は、リーダーとしての役目を担い、ちょっと緊張気味。

前に立って、活動の説明を一生懸命にしていました。

5年生の一生懸命な気持ちが伝わったのでしょう。

メンバーの子供たちも耳を澄ませて、その説明を一生懸命に聞いていました。

それぞれが立つ場所を確認して、あいさつ運動が始まりました。

挨拶6年 挨拶6年2

挨拶3年 挨拶4年

密を避けて、立つ場所は1階から4階まで分散して行っています。

3月18日まで、縦割り班でローテーションを組んでいます。

「あいさつを交わし合う」ことの心地よさや大切さを感じてほしいと願っています。

ウナギのなぞを追って ー4年生 国語に関連してー

2022年2月25日 19時33分

世界の海で海洋観測を行う研究船に乗って、研究のお手伝いをしていらっしゃる保護者の方にお話をうかがいました。

国語「ウナギのなぞを追って」の説明文に関連して、実際の調査の様子をお話していただきました。

子供たちは、興味津々に話を聞いていました。

うなぎ1 うなぎ2

お土産に、南極の氷を持ってきてくださいました。

何千万年前の氷です。

耳を澄ませて、氷に閉じ込められている何千万年前の空気が弾ける音を聴きました。

南極の氷 音を聴く1

パチ、パチ、パチ、小さな音です。

貴重な体験に、子供たちは大変喜んでいました。

まちの未来マップ ー5年生 総合的な学習の時間ー

2022年2月19日 16時05分

5年生は、「まちの未来マップをつくろう!」という学習を、「街」づくりに携わる地域の企業の方と一緒に進めてきました。

マップを作るに当たり マップ始まり2

これまで学んだまちのつくり方やフィールドワークの経験を踏まえて、私たちの住むまちをどんなまちにしたいか、自分たちにできることは何かをマップに表わします。

マップづくりを進め、いよいよマップの完成が近づいてきました。

グループで話し合いながら、最後のまとめを行っています。

(グループ活動は、感染防止対策のためにマスクの上にさらにフェイスシールドを着けて行っていま す。)

グループ2 グループ3

グループ4 ぐるーぷ1

来週22日(火)に、学年で発表会を開きます。

その後、子供たちの「まちの未来マップ」は、地域にある新虎小屋に掲示していただく予定です。

子供たちが考えた「まちの未来」を地域に方々にも紹介したいと思います。

はじまりました、展覧会!

2022年2月17日 18時10分

「Happy  Birthday  ONARIMON」をテーマに展覧会が始まりました。

たくさんの子供たちの作品が開校30周年をお祝いしています。

明るく素直な子供たちのよさがあふれている作品をお楽しみください。

会場入り口では、制作過程の子供たちの様子もスライドショーで紹介しています。

入口 入口から全体

前方から後ろへ 上からオーロラ

後ろから前へ 前方横から

2階のフロアーには、5・6年生の家庭科の作品も展示しています。

家庭科 家庭科2

保護者の皆様、19日(土)には、ぜひお越しください。

お待ちしております。

避難訓練 ー休み時間に地震が起きたらー

2022年2月15日 15時43分

本日、避難訓練を行いました。

休み時間に地震が発生。

その後、揺れにより給食室から火が出たという想定で行いました。

校庭避難 1年避難校庭

避難2年 避難 公園3年

「あっ、地震だ。」

揺れを感じたら、自分で身の安全を確保しなければなりません。

教室内であれば、机の下に避難します。

休み時間、子供たちはいろいろな場所で活動しています。

周りの様子を見て、「上から物が落ちてこない」「横から物が倒れてこない」「物が動いてこない」場所に避難するように教えています。

校庭では、中央に集まって、頭を守りダンゴムシのようになって揺れが収まるのを待ちます。

本日は、火災も発生した想定でしたので、さらに芝公園に移動しました。

校庭で遊んでいた1年生と6年生は、火災発生のため校舎内を通ることができず、校庭のトイレ横の非常階段から中学校のグランドに出て、芝公園に向かいました。

今回は、まん延防止等重点措置適用期間での避難訓練ですので、芝公園では全校で集まることはしないで、各学級ごとに全員が安全に避難したことを確認して学校に戻りました。

全校朝会 ー冬季オリンピッククイズー

2022年2月14日 19時15分

連日、北京オリンピックでの日本選手の活躍を楽しみにしています。

子供たちにも、さらに冬季オリンピックに関心をもって競技を見たり、選手たちを応援したりして楽しんでほしいと思いました。

そこで、今日の全校朝会はお楽しみタイム!

子供たちに、冬季オリンピックに因んだクイズを出しました。

クイズ種目 クイズ開催都市

プログラミングに挑戦 ー3年生ー

2022年2月4日 15時56分

3年生のプログラミング学習が始まりました。

最初に、コンピューターを使わずに、プログラミングとは何か、そして身の回りにあるプログラミングされて動いている物について学習しました。

2回目の授業では、紙面上で道筋や行動を考える楽しいゲームをとおして、アルゴリズムを理解しました。

アルゴリズムカード アルゴリズムカード2

アルゴリズム 板書

3回目の授業には、ゲストティーチャーとして地域のIT企業の方をお招きしました。

そして、タブレット端末でビスケットというツールを使いながら、プログラミングを体験しました。

子供たちは、夢中になって取り組み、プログラミングの楽しさを味わいました。

「もっとやってみたい」という声がたくさん聞かれました。

企業の方と 企業の方と2

プログラミング作品前 プログラミング作品

ゲストティーチャーのお話にも真剣に耳を傾け、

「プログラミングの学習が、未来の文化につながることが分かった」という感想もありました。

長縄チャレンジ

2022年1月28日 12時28分

寒い冬を健康に過ごし、体力の向上を目指して、全校で長縄跳びに取り組んでいます。

1月は、各学級で1分間での目標回数を決めて、目標達成を目指して練習をしています。

3月には、3分間に跳べる回数を目標にします。

1年生は、目標回数を決める前に、まずは練習。

より回数多く跳ぼうと気持ちを合わせて頑張っています。

1-1 1-3

1-2 タイム

今日は、1分間に何回跳べるか繰り返し挑戦していました。

跳べた回数が増えていくと大喜び。

さらに気持ちが一つになります。

練習によって、これからも記録が伸びていくことでしょう。

目標回数を決めて、一致団結して頑張る1年生の姿も楽しみにしています。

上手に弾けるようになりたいな ー2年生 音楽ー

2022年1月26日 19時17分

感染症対策を講じてもなお飛沫感染が心配な学習活動については、感染症対策を強化して行っています。

音楽の歌唱の活動や鍵盤ハーモニカ、リコーダーなどを用いる活動もその一つです。

そこで、鍵盤ハーモニカの演奏については、ミニキーボードに代えて指導を行っています。

鍵盤弾く

音楽室から、「山のポルカ」の曲が聞こえてきました。

一つ一つの音を一生懸命に弾いていることが伝わってくる演奏でした。

一人一人が、自分のめあてをもって練習を繰り返していました。

一人一人の練習後、

さあ、みんなで音を合わせて演奏してみよう・・・

その前に、「上手に弾けるおまじない」をしてから・・・

指の体操

1の指、グールグル

2の指、グールグル・・・

子供たちは、指を真剣に見つめて、一本一本指をグルグル回していきました。

子供たちの一生懸命が愛らしく、思わず微笑んでしまいました。

さあ、心の準備も整いました。

音楽全体

みんなで、音を合わせて演奏することができました。

集会委員会、頑張っています

2022年1月24日 19時01分

中休みのひとコマです。

自主的に集まって、アンケートの集計が始まりました。

次々集まり、和やかに、そして一生懸命に作業を進めているのは、5年生と6年生の集会委員です。

集会1 集会2

1月の児童集会は・・・

クイズ「御成門一位はナニ?」

全校のみんなにアンケートを取り、みんなが選んだ御成門の1位は何かを当てるクイズをするそうです。

すきな給食は・・・

すきな色は・・・

すきな教科は・・・

すきなマンガ、アニメは・・・

すきな学校の場所は・・・

さあ、どのような結果になるでしょう?

皆さん、予想してみてください。

感謝の気持ちをもって給食を食べよう

2022年1月24日 18時17分

1月24日から30日までを、日本では「全国学校給食週間」と定めています。

そこで、今日の全校朝会での校長の話は給食の歴史についてでした。

明治22年、山形県の小学校で貧しくてお弁当を持ってこられない子供たちにお昼ご飯を作ったのが、日本の学校給食の始まりだとされています。

明治給食

おにぎり、焼き魚、漬物をお昼ご飯に出していたそうです。

学校給食は、子供たちの栄養を改善するために、だんだん日本中に広がっていきました。

しかし、昭和になって、戦争が激しくなると、食料が不足して給食は続けられなくなったこと。

戦争が終わると、子供たちがちゃんと栄養が取れるようにしてあげたいという願いから、学校給食の再開会を望む声が高まったこと。

日本の子供たちを救おうと、アメリカなど他の国から食料や生活に必要な物が送られてきたこと。

そして、昭和21年12月24日から、再び学校給食が始まったこと。

12月24日は「学校給食感謝の日」

でもなぜ? 

1か月遅らせて、1月24日から30日が「全国学校給食週間」になったのか。

このような話をしました。

今の給食は、食材も豊かで、献立も豊か、もちろん栄養のバランスも取れています。

子供たちには、その豊かさに感謝の気持ちをもって、給食を食べてほしいと思います。

宝島の冒険 ー4年生 図工ー

2022年1月20日 15時02分

<先週の学習活動>

家から使ってない布や着られなくなった洋服を集めてきました。

さて、それらは何に使うのでしょう・・・

まず始めに、段ボールの上にペットボトルや缶などで土台を作りました。

そして、集めてきた布に液体粘土をつけて島をイメージしながら形を作りました。

布しぼる 布しぼる2

形作る 追加

子供たちは、どろどろの液体粘土の感触を楽しみながら活動していました。

<昨日の学習活動>

1週間経ってみると、島はカチカチに固まっていました。

土台にしたペットボトルや缶を抜くのに一苦労でした。

子供たちからは、

「固いね。カッチカチ。」「おもしろい形に固まったね。」「触るとザラザラするのがおもしろい。」

などとお互いの島を見合いながら言っていました。

固まる1 固まる2

さあ、ここから自分の宝島を作っていきます。

どこにある島なんだろう?

どんな乗り物で島に行こうか?

想像しながら、小さい紙粘土で冒険者や乗り物、島にいる生き物など、作品にとって大事な部分を作っていきました。

粘土作る3 金杉さん作る

粘土さぃひん1 粘土作品2

粘土作品4 ねんどさくひん3

次回は、自分のイメージに合わせて色を塗っていきます。

完成が楽しみです。

1週間の始まり

2022年1月17日 18時53分

今日は月曜日。

全校朝会がありました。

校長からの話のテーマは「ありがとう」でした。

先週の書き初め会で嬉しいことがありました。

5年生の書き初め会を見に行った時のことです。

会場を回りながら、5年生に、「筆の入れ方がいいね」「はらいがきれいだね」「元気のあるいい字だね」などと声をかけ、いいところを伝えました。

すると、5年生のどの子からも「ありがとうございます」とい言葉が返ってきました。

とても嬉しい気持ちになりました。

そして、素敵な子供たちだなと思いました。

このようなエピソードを伝え、「ありがとう」の語源に触れて、感謝の気持ちを表すことの大切さについて話しました。

校長1 校長2

「ありがとう」

言葉の響きも美しいです。

自分も幸せな気持ちになり、相手も嬉しい気持ちになる素敵な言葉です。

「ありがとう」がたくさん聞こえてくる学校にしたいです。

  ・・・・・

今日から21日(金)まで、道徳授業公開週間です。

道徳2年 道徳黒板

併せて、書き初め展も行っています。

書き初め展